b-shock. Fortress

Mastodon 2.0.0に更新

個人インスタンスmstdn.b-shock.orgを、 2.0.0にアップグレードした。
通常、アップグレード作業ではリモートからChefレシピを流すのだが、今回のような メジャーアップグレードでは全自動とはいかず、何か所か手作業が必要になったりする。 まぁ、それ自体は仕方がない。(とはえ今回に限り、gitのコンフリクトは発生しなかった)

アップグレード手順の注意点は公式 を見て頂いたほうがよいとして、以下、実際に手作業が発生したところ。

preview_cards.status_idがない。

DBのマイグレート時に、以下のエラーが発生した。

1
ActiveRecord::StatementInvalid: PG::UndefinedColumn: ERROR:  column pc.status_id does not exist

前後の状況から、以下のクエリーを実行すべきと判断。
psqlから実行した。(ほんとはmigrateを記述すべき?)

1
ALTER TABLE preview_cards ADD COLUMN status_id bigint;

当然、アップグレード時は毎回、db:migrateを実行してた。
こんな状況が発生する理由がよくわからないのだが。

クエリー実行後、マイグレートはパスした。

yarnのバージョンが不一致。

アセットの生成時、以下のエラーが発生。

1
Webpacker requires Yarn >= 0.25.2 and you are using 0.23.3

yarnのバージョンを上げればいいのか?

1
2
su
npm update -g yarn

これでもうまくいかない。なんかちがう?
yarnを再インストールしたら、assets:precompileが通るようになった。

2.0.0にアップグレード後…

Sidekiqで、以下のような死亡ジョブが発生してた。(2件)

1
ActiveRecord::RecordInvalid: Validation failed: Url has already been taken

どんなURLでエラーが発生したかまでは調べてない。特別気にもしてない。
2日ぐらい保留して、問題なければジョブごと削除。 こーゆうアバウトなところが、おれのダメなところかw

以上。
今日はこのあと、ここ数日がんばってた、MastodonからTwitterへの転送に関する 記事を上げる予定。