b-shock. Fortress

Chinachu 録画の開始と終了をSlackに通知する。

Chinachu

Chinachuを中心とした録画環境を 構築した。
どうにか構築はできたが、ハードウェア含め検討が必要な構成要素が多く、 それほど簡単ではなかったという感想。まぁ、これが出来ないようであれば、 一応技術職であるおれの沽券に関わる話ではあるのだが。
障害等を自力で解決する意志のない人にはお勧めできないが、構築ができれば 非常に快適な環境である。 多分近々、ウチのnasneとテレビは要らなくなると思うw

ググれば、構築に関する記事はたくさんある。
キャプチャカードの選択によっても構築手順が異なる為、「この記事だけを読めばOK」 といった、網羅的な神記事は存在しないと思われるけど。
本稿の目的はこれを解説することではないので、自力でどうにかして頂きたい。 正直、説明できるほど構築手順が理解できてないのである。

Slackに通知せよ

録画サーバとは無関係だけど、最近日本語化されたというSlackを始めてみた。 周回遅れも甚だしいが、ほっといて頂きたいw
自営業でずっとぼっちだったし、チャットで会話するような顧客もなし、 知ってはいたが必要な状況ではなかったのである。

各種通知の窓口としてのニーズもある様なので、それならば役に立つなと始めてみた次第。
始めたら用途はぼっちにも意外とあるもので、SensuやGitHubの連携は重宝している。 これらに加え、今回、録画の開始と終了に対応させてみる。

onionbot

これが、ChinachuのイベントをSlackに通知するBOTツールの名前である。
小粋な名前が考えられなくて、最近作ってるツールは野菜つながりで命名してる。 当然ながらonionに深い意味は全くない。詮索しないで頂きたい。

導入手順などは、GitHubを参照。

こんな感じで動作する。

考察:SlackのWebフックについて

見て頂ければわかるが、SlackのWebフックにPOSTするお手軽 仕様。 Webフックの作り方は簡単なので、ググって頂けばよいとして。
あまりにもお手軽なのである。フックURLがあるだけで通知し放題(公式の動作確認も、 なんとcurlのワンライナーで行う手順)、故にURLは秘密にせよとのこと。

セキュリティ上問題はないのか?
個人的な意見ではないと考える。URLを教えてはいけないことと、トークンを 教えてはいけないことに、セキュリティ上本質的な違いはないはず。

あ、設置の手順に書き忘れたけど、設定ファイルは600にしておいてくださいね。