b-shock. Fortress

Xubuntu 18.04

Ubuntu 18.04 LTSがサーバ、デスクトップともリリースされ、順次更新していた。
愛用しているXubuntuも数日後にリリースされ、先ほど更新を適用した次第。

基本的な更新の手順

Ubuntu Server、Xubuntu共に、

1
sudo do-release-upgrade -d

で更新が可能。
-d をつけると、安定版だけでなく、開発中のものも更新先の対象になるらしい。
通常の用途で利用することは一見なさそうだが、何日経っても18.04へのアップグレードが 出来ず、やむを得ず -d をつけて実行した次第。 調べたが、 -d を使用するのは割と 一般的なセオリーではある様だ。

6環境試したうち1つだけ、更新が途中で止まったものがあった。
このようなことが稀にあるため do-release-upgrade をリモートで実行するのは慎み、 例えその必要がなくとも、極力実機の前で行う様にしようという話だと思う。

Ruby 2.5

sudo apt install ruby ってやったときに入るRubyのパッケージが、最新の2.5系になった。 ChefもSnesuも拙作のものも、相当数のツールがRubyで実装されており、影響は大きい。

通常であれば、

1
2
3
sudo apt-add-repository ppa:brightbox/ruby-ng
sudo apt update
sudo apt install ruby2.5

などとやる必要があったところ、今のところは最新の2.5がインストールできるため不要。
ただ、次のLTSが出るのは2年後。この頃まで2.5系のまま変わらない可能性は十分にあり、 brightbox/ruby-ngにお世話になる機会はまたいずれありそう。

CommandキーをCtrlキーにする

ここからは、MacBook Air 11に特化したXubuntuについての話題。

18.04にアップグレードすると、setxkbmapの設定が飛んでしまう。
過去記事に書いた通り の手順で復旧できる為、面倒だが再度実行。

トラックパッドの2本指スクロールの向きを上下逆に

これも過去記事と 同じ手順で再設定可能。

基本的な考え方は同じだが、今まで

1
xinput set-prop 12 287 -200 -200

だったところ、

1
xinput set-prop 12 288 -200 -200

に変更する必要はあった。

以上。