b-shock. Fortress

FreeBSDにGROWIをセットアップする(続き)

FreeBSDにGROWIをセットアップするの続き。
その後、godの設定ファイルを何箇所か修正した。

変更点は、以下の通り。

ファイルアップロード

環境変数 FILE_UPLOADlocal に。
ファイルアップロードをローカルファイルシステムに行う設定。

npm “uws” の利用をやめる

環境変数 EIO_WS_ENGINEws に。
これはGROWIの設定ではなく、依存するnpm engine.ioに 対する設定。

停止コマンド

pkill -f /path/to/growi に変更。
pkill コマンドの -f オプションが肝。コマンドラインオプションを含めたコマンド全体から、 停止すべきプロセスを検索してくれる。